食生活や嗜好品も加齢臭の原因になっている

 作成日:

entryimages_kakishibu-mania_16

加齢臭はノネナールが原因なのですが、ノネナールを発生させないための生活習慣も大切です。

実は加齢臭が出やすい人と出にくい人の違いは生活習慣にあると言われています。生活習慣は加齢臭と深く関係ありますが、中でも食生活に関連する注意はたくさんあります。

近年、日本人の食生活も欧米化してきました。

昔は和食中心で低脂肪で高繊維質な食事が多かった日本人だったので実は加齢臭がない人種と言われていました。

entryimages_middle_02

しかし、近年の欧米化によって日本人の食生活は変わりました。

高脂肪な食生活となり多く肉を食べるようになりました。

動物性脂肪の摂取のしずぎも問題視されていますが、そういった食生活になったことにより体臭が発生しやすい人種になってしまったのです。

バランスの良い食事ではなく肉ばかり食べていると加齢臭年代でなくとも体臭がキツくなってしまいます。

実例として高校生から加齢臭のような体臭がなんてこともあったそうです。

entryimages_middle_01

そしてさらに飲酒タバコも大きな原因だと考えられています。

特にタバコは活性酸素を増やしてしまうので、ノネナールを作ってしまう原因になるのだそうです。

思い当たる人はその逆を実行しましょう。

高脂肪の食生活から和食中心の生活に代えて、お酒やタバコを今よりも抑えてみてはいかがでしょうか。
それにより、ノネナールの発生量に変化があるかもしれません。

食生活は毎日のことなので身体に影響がある大きなものとなります。身体の健康のためにも繋がることなので実行して損はありませんよ。

 - 加齢臭の知識 , , , , ,