加齢臭の原因

 作成日:

entryimages_kakishibu-mania_13

加齢臭は年齢によって出る臭いのことです。
一般的には40歳以上の男女に発生する独特な臭いであり、加齢臭を気にしてなんらかの対策をしようといった方が多いと思います。

対策をするにはまず加齢臭の原因を知ることが大切ですね。
原因を知ることで対策をしっかり行えば加齢臭を抑えることができるかもしれません。

加齢臭は男女に発生するので女性にも加齢臭があります。男性だけのものではないです。
40代になるとパルミトオレイン酸と過酸化物質というものが増加するのだそうです。

難しい言葉ですが、要は脂肪酸ですね。

脂肪酸が増加してしまうのですが、年齢とともに酸化を抑える働きがどんどん衰えていくのでえ脂肪酸が酸化してしまうのです。
それにより発生してしまうのがノネナール。

そのノネナールというものが加齢臭の原因だといわれています。

脂肪酸が酸化して過酸化化脂質となりできてしまう不飽和アルデビドというもののことをノネナールというのだそうです。簡単にいうと酸化してしまった脂肪酸が臭くなって加齢臭になるということですね。

男女共に加齢臭は発生するものの男性ホルモンは皮脂を多く分泌するのでノネナールは女性よりも発生しやすいのだそうです。

このノネナールをキレイになくしてしまうことで加齢臭は防ぐことができるかもしれません。加齢臭の原因になるこのノネナールを抑えることももちろん加齢臭予防に繋がります。
そのためには生活習慣を正すことも必要です。

 - 加齢臭の知識 , ,