おそるべし効果!?古くから健康にも利用されてきた柿渋

 作成日:

kakishibu-mania-3-health-persimmon-tannin

柿渋には、柿渋タンニンと呼ばれる成分によって、さまざまな人体に対する効果があることが知られています。

例えば、余分な活性酸素を取り除くことによって、病気や老化の元を取り去ってくれたり、アトピー性皮膚炎や花粉症を緩和してくれたりといった優れた効果です。これだけでも聞いて驚きですが、血糖値の上昇を抑えたり、血液を浄化したり、コレステロール値を下げたりといった効果もあります。

その他、がんの予防や細菌やウイルス感染を防ぐ、二日酔いを防止するなどの思わぬ効果も見込めるようです。今、柿渋が健康食品に使われているのは、納得がいきますね。

柿渋には民間療法ながらも、古くから健康を補助する用途でも多く使われてきました。

直接飲むことによる効能の代表的なものは血圧を下げる効能で、脳卒中など高血圧に関係してくる疾患全般に対して効果があるといわれています。
また、ポリフェノールである柿タンニンでは、赤ワインで話題になったように、抗酸化作用が見逃せません。生活習慣病の源だとされる活性酸素は、分解酵素が加齢と共に減少することで体内に増えすぎ、不足した分解酵素の代わりとして柿渋を飲む健康法があります。
他にも、タンパク質と結び付く収斂(しゅうれん)作用と抗菌性を利用し、虫さされ、やけど、あかぎれ、しもやけといった、皮膚のトラブルに対する塗り薬として使用されてきました。二日酔いや悪酔いの防止効果も知られており、この点については効果はあっても解明まではされておらず、柿タンニンが胃や腸でタンパク質と結合して被膜を形成し、それによってアルコールの吸収を妨げているのではないかと考えられています。

医薬品が日常的に溢れている現在では、あえて柿渋を使うことはないですが、昔はこうした柿渋の持つ万能性をうまく利用し、健康に役立てていたのです。

ほとんど化学製品に置き換わった今になって、自然界に存在する柿タンニンの力が注目される発見がありました。

柿渋の持つ抗菌性は、防腐用途としての塗料や染料での使用などからも明らかでしたが、最近の研究では、食中毒の半数を占めるといわれている、ノロウイルスに対しても抗菌作用を持っていることがわかりました。アルコール除菌が効かないノロウイルスは感染防止が困難で、症状も重いことから、早急に安全性の高い消毒剤が求められており、そこに柿渋が登場したというわけです。

そして驚くべきことに、植物に多く含まれるタンニンの中でも、柿タンニンがインフルエンザウイルスを含む多様なウイルスに対して効果があり、先人達がなぜ柿渋を抗菌や防腐目的で利用していたのか、科学的にも証明された結果になりました。食品由来である柿タンニンは、極めて安全性が高いことから、今後ますます利用されていくことになりそうです。

 - 柿渋の知識 , ,